Namiがイメージコンサルタントになるまで~日本帰国編~

投稿者 RR

(導入:一個パターンを決めて流用してから) 第1回は「日本での仕事編」。まだ読まれていない方はこちらをお先にお読みください。第2回は「NY留学・前編、第3回目は「NY留学・後編」と続き、ついに第4回は「日本帰国編」です。エピソードをお届けします。(仮)   帰国して激務の日々 日本に戻ると、いろんなキャリアを積もうとファッションテックのスタートアップと、インテリアデザイン事務所で奔走します。いずれも激務で、ファッションに気を遣う心の余裕はありませんでした。罵倒されたり、厳しい言葉を掛けられる毎日で、また自分のマイナス面ばかりに気を取られるようになっていきました。勤務時間も長かったので、どちらも体調を崩して退職しました。 キャリアとしては長く続きませんでしたが、興味のあることをできたこと、何が合わないかがわかったことなど、人生で大きな学びを得られました。 しかしながら、インテリアデザインは、デザインの考え方がファッションと類似しているところも多く、人が目で見て知覚するところ、持っているイメージが共通しているのは面白いなと感じました。 「この椅子をもっとスッキリ見せるには?」という課題に対し、何案もアイデアが出せたのはイメージコンサルティングの知識があったからに他なりません。   日本に帰国して感じた息苦しさ(仮) 他に、帰国後に気がついたことがあります。 日本は女性が露出の多い服を着づらい社会だということ。ニューヨークでは、キャミドレスや短パンなど、女性の肌の露出が多いファッションは当たり前。誰もじろじろ見たりしません。 私も、あちらでは気にせずに着ていたタンクトップも、日本では露出が多いから上にカーディガンを羽織るように母に言われて驚きました。 イメージコンサルの視点から言うと、肌を出したりボディコンシャスな服は、女性としての自信をアップさせてくれます。一部の男性の目線のせいで、着る服が制限されるなんて…NYから帰ってきた私は、社会にある息苦しさを感じました。   旅に出て、イメージコンサルタントの活動再開 仕事を辞めてからは息抜きをしようと夫のいるニューヨークに戻り、しばらくそこで静かに過ごしていました。彼の仕事も落ち着くタイミングで、リモートで仕事ができる職種だったこともあり、そのまま二人で世界を旅しながら暮らすことに決めました。 そんな折、以前から友人だったレンタブルランウェイ代表の草柳さんから「一緒に仕事をしない?」と声をかけられました。SATCの世界を地でいく草柳さんの姿は、私がニューヨークで見た自信満ち溢れる女性の姿そのもの。肌の露出が多い服も堂々と着こなして、輝くパワーでみなぎっていました。 「ファッションでもっと女性を自由に輝かせたい!」 彼女の話にとても共感し、また、自分が学んだことを活かして、以前の私のように人生に悩んでいたり、ファッションで悩んでいる女性たちの力になりたいと思い、ここで「スタイル診断」を再開することにしました。 (話が見えづらかったのでここ一部カットしました。あと、上記、診断を再開した理由が弱く、もう少し書いたほうがいいと思い、追加しました。変更あれば教えてください)人は外見で決まるものではありません。でも、私がニューヨークで体験したように、誰かに外見を褒められて嬉しくなったり、生涯のパートナーにも出会えるかもしれません。 心は簡単に変わらなくても、服は変えられる。あなた自身は変わっていなくても、服の力で、まわりの世界はどんどんポジティブに変わっていくと私は考えています。 少しでも一歩前に踏み出したいとき、あともうちょっと自信が欲しいとき、小さな決断をしたいとき…イメージコンサルタントとして、ファッションの力で、そんなあなたの背中を押したいと思いました。 最後に、FITで学んだ言葉を贈ります。 You are beautiful, just way you are.

Namiがイメージコンサルタントになるまで~NY留学編・後~

投稿者 RR

(導入:一個パターンを決めて流用してから) 第1回は「日本での仕事編」。まだ読まれていない方はこちらをお先にお読みください。第2回は「NY留学・前編」と続き、第3回目は「NY留学・後編」です。イメージコンサルティングでの学び、成長、現在の夫との出会いのエピソードをお届けします。(仮)   ボロボロだった英語のプレゼン ニューヨークでは語りきれないくらいの驚きとカルチャーショックに出会いました。それまで私は世界の何も知らなかったんじゃないかと思うくらい。その一つが「褒めまくりカルチャー」です。FITのクラスで課題のプレゼンをして、他の生徒がフィードバックをするという授業。私は、英語を聞くことはできても、話すのはめっきりだったので、話したいことがうまく伝わらずにボロボロ…それなのに悪いところはさておき「キミの、図を使って説明したところがとてもよかったよ!」「話の内容は悪くない。もっと自信を持って話せば完璧!」と、とにかく褒めまくってくれたのです。 その他の生徒も同じように、褒めて褒めて褒められた上で改善提案を言われていました。こんな風にフィードバックされるなら、失敗するもの怖くなくなります。   褒めまくりカルチャーで視点が変わった もちろん、外見についても褒めまくります。 「あなたのスタイル、素敵ね」 「そのアクセサリー、あなたらしくて似合ってるよ」 私は、白人の友人から「日本人って若く見えて優しそうで本当に可愛いよね。あなた、とっても美人よ。なれるものならアジア人になりたい」と言われてびっくりしたことがあります。なぜなら、その子のほうが私よりも100倍美人だったと思ってたから。 他人の目からは、自分では気づかない魅力が見えているんだなと思いました。 彼らは、学校の外でも、他人同士でも褒め合います。とにかく、いつでも、どこでも、誰にでも、いいと思ったら褒めまくるカルチャーなのです。スーパー、サブウェイの中、横断歩道のすれ違いざま…どこでも! よくあるのがこんな会話。 「あなたのドレス、とっても素敵!どこで買ったの?」 「ねぇ、そのTシャツ、とてもクールね。どこのブランド?」 こうして、他人同士が気軽に話しかけて軽く言葉を交わして、そのままそれぞれの行先へと去っていく…ニューヨークの街ではこんなことが1日に何百回、何千回と繰り返されていることでしょう。 そんなカルチャーの中にいると、心にも変化が訪れます。例えば、相手の褒めることを自然に探したり、褒められても素直に受け止められるようになることです。 欠点だらけでマイナスだと思っていた自分のことも、そんなに悪くないかもしれない?と思わせてくれたのは、このカルチャーのお陰です。そもそも、私自体は変わっておらず、変わったのは「自分の捉え方」だけ。ありのままのものをへんに卑下する必要はなかったのです。   婚活開始!服の力で出会いをつくる 年頃だったこともあり、忙しい学生生活の間を縫って、婚活もしました。シングルのパーティーに参加したり、マッチングアプリを使ったり、友人から紹介してもらったり。英語が得意でなかったので、まずは見た目で気になってもらおうとイメージコンサルティングの知識で選んだコーディーネートで行きました。 ちなみに、ニューヨークのデートの服はセクシーな装いが一般的。昼の仕事を終えると、人によっては家に帰って着替えをし、メイクもヘアもグラマラスになり、ものすごくドレスアップして登場します。 私も負けじと肩を出したワンピースで勝負! 話しかけてはもらえるけど、何だか合う人がいないな、と感じていた時、「自分の好きな部分を引き出せるようなファッションをしよう! ありのままの自分の姿を気に入ってくれる人となら、合いやすいかもしれない」と思い、きちっと整っているけど女性ならではのツヤ感や可愛さが出る服にしました。(←なぜこの服が「自分の姿」だと感じるのか、内容がつながらない感じがします。自分らしさを表現しながらも、初対面なのできちっと整って、デートだから女性らしさも出した、という意味では?) すると、奇跡的に今の夫と出逢え、今もありのままの自分を受け止めてもらえています。それまで好き勝手に来ていた服ですが、ゴールを決めることで見せたいイメージが出せるのだと実感しました。 (今の夫についてやや説明が足りないので、どこらへんがいい夫なのか?を少し説明ほしいです。可能なら、どれだけ愛してくれてるか?どれだけなみさんがなみさんらしくいても愛してくれる人なのか?がわかる例が少しでもあるとよいかと)   NYでイメージコンサルタントとして働く その後、(課程は修了し?NYで?)日本の商品の営業代行、PR企画の仕事をしながら、同年代の男性・女性に対してイメージコンサルティングを開始しました。 さまざまな社会的、文化的背景の違うクライアントと向き合いながら行っていた「スタイル診断」が、彼らが自分で気づかない魅力や強みを見つけるのに非常に効果的だと手応えを感じていました。 夫と結婚するつもりでいましたが、ビザのこともあって私は日本に戻り、彼はニューヨークで別々に生活することにしました。 第4回は「日本帰国」についてお届けします。(仮)

Namiがイメージコンサルタントになるまで~NY留学編・前~

投稿者 RR

(導入:一個パターンを決めて流用してから) 第1回は「日本での仕事編」。まだ読まれていない方はこちらをお先にお読みください。第2回は「NY留学編」です。イメージコンサルティングとの出会い、学び、成長をお届けします。   ニューヨークで「名刺の無い」自分になる 英語がほとんど話せないまま、無謀にもニューヨークに来た私。ホームステイしながら現地の語学学校に通いました。ずっと仕事をしていた毎日とは全く違う生活で、仕事モードが抜けない私は突然の学生生活に戸惑っていました。 それまで、新しく人に出会うと「お仕事は何をされているのですか?」「●●(会社名)で編集しています。どんなことをされていらっしゃるのですか?」という会話が当たり前だったのに、それが全くないのです。名刺のない、身包み剥がされたありのままの自己紹介をしなければなくなりました。 生まれたところ、趣味、なぜニューヨークに来たか…思いつく限りのことを並べ立てます。過去に会社で何をしてきたかより、何が好きで、どんな個性があって。これから何をしていくかの方が、より話題としても盛り上がりました。幸い、私は外交的な性格もあって周囲と馴染んで行きました。   自己紹介が苦手な日本人エリート男性たち 私のように戸惑っていたのは、会社から海外研修で派遣されてきたエリート系の日本人男性たちでした。彼らは名刺での自己紹介に慣れているものの、ありのままの自分としての自己紹介は苦手。日本語だと流暢に会社での地位や武勇伝を聞かせてくれますが、英語でのコミュニケーションはめっきりでした。 アメリカでは発言しないとその場にいる意味がありません。すぐに日本に帰るからと英語で話すことを諦め、クラスで黙り込んでいる彼らを見て、これが彼らの本当の姿なんじゃないかと思うようになりました。 仕事での実績が輝かしくて自分に価値を感じていた人も、名刺が無くなった途端に、ただの肩書きとは思えず「自分は価値がない」と感じてしまうかもしれません。(←この後の質問の答えがわかったら、ここの文章、もう少し整理するかも) 私がNYで学んだことの1つは、人は肩書き以前にオンリーワンの個人。その方がずっと尊いと思えるようになったのは、この名刺パワーが使えなくなった最弱状態を経験したことからでした。(←ここの文章がよくわかりません。尊いと思ったのはNamiさん?だとしてもなぜ尊いと思った?どのように尊い?) ちなみに、挨拶の際、日本で大事に大事に扱われている名刺は、アメリカでは「僕のビジネスカード?はい、これね!(ポイッ)」と投げて渡されています。初めて見た時は衝撃でした。小さなカードを睨むよりも、目の前にいるその人と話した方がよっぽど関係が作れますものね。   ファッション好きの友達と一緒にFITへ ニューヨークに来てからも、次は何をしようかと考えを巡らせていました。当てもなくネットサーフィンをしていたところ、たまたまイメージコンサルタントという職業を知ります。 編集の仕事を通して、誌面の見せ方で人の心を動かすことは慣れていたものの、その見せ方の力を使って人を幸せにできるなんて最高すぎる!と思いました。さらに、自分がずっとアップデートし続けられるようなことを探していたので、ぴったりだと感じました。 当時、運が良いことに、私のまわりにはファッションを学びたいという人が多く、彼らがファッション工科大学(以下:FIT)に申し込むというのでコースを見ていたところイメージコンサルタントのコースを発見。新学期が始まることもあり、すぐに申し込みをしました。   「自分はそのままで完璧で、美しい」という考え方 FITのクラスで日本人は私だけ。言葉もままならない中、ファッション用語や知らない単語を一つ一つ調べながら、必死に授業に食らいつきました。 まず、驚いたのがイメージコンサルティングの姿勢でした。 「生まれてもった自分、そのままが完璧で美しい。だからそれを引き立たせる」 という考え方。とにかく、今持っているものは無条件に全肯定! そこからのスタートなのです。 盛り盛りに盛りまくって足の先から頭のてっぺんまで武装し、欠点だらけのマイナスの自分に足してゼロにする考え方だった私には、とてもあたたかくて、やさしい言葉に聞こえました。 国も人種も言葉も、髪の色も肌の色も、目の色も背の高さもぜーんぶ違う人たちが集まったニューヨークでは、日本の雑誌に出ているような「美しさの正解例」のようなものがなく、個々が持つ、個々の信じる美しさを引き出すことにフォーカスされていたのです。 実際、みんなあまりに見た目が違うので、それぞれの個性が際立って見えやすい環境でした。 実を言うと、ずっと白人女性に憧れがあり、金髪で白い肌、ブルーやグリーンの瞳になりたいと若い頃は思っていました。でも、自分の体は変えられるものではないし、手持ちのもので勝負するしかないのです。クラスで眩しく光る白人の友人を横目に、勉強をしながら自分の魅力の発掘に乗り出します。    次回は「ニューヨーク留学編・後」をお送りします。

Namiがイメージコンサルタントになるまで~日本での仕事編~

投稿者 RR

イメージコンサルタントのNamiについて知っていただきたくコラムを連載します。もともとはファッションに興味がなかったNami。そこから、どのようにしてNYへの留学を決意し、イメージコンサルタントになったのか? 日本での仕事、NYでの出会い、思い出、成長、葛藤を数回に分けてご紹介。NYで学んだエッセンスや、イメージコンサルタントとしての考え方、ファッションへの向き合い方をお伝えできたらと思います。   見た目の力を感じた編集者時代 (なぜこの仕事を選んだのか?もともとファッションへの興味関心はどの程度だったのか?ここで知りたいです) 大学を卒業してから9年間、女性向け通販の会社で商品企画やカタログ編集の仕事をしていました。仕事はいわゆる広告作りで、その商品の魅力を掘り下げて、どんなデザインやコピー、ビジュアルイメージで打ち出すのが一番いいか、ということをずっと考えて試行錯誤していました。 同じ商品でも誌面の見せ方を変えた途端、売り上げが大きく上がった経験がありました。そこまでわかりやすく効果が見えたことは初めてだったので「見た目にはすごい力がある!」ということを改めて実感しました。   鎧固めの意識高い系だった20代半ば 20代はとにかく自分の足りない部分を補うことに必死でした。同期入社の仲間たちはみんな優秀で、彼らとの差を感じていたので、ビジネス書を読んだり、ビジネス系の講座を受けたり、目的なく資格を取りまくったりして、何とか人に認められたいと考えていました。地元から離れた場所での就職だったので、友人もなく、心に鎧を着て自分を守り、孤独で自信のない日々でした。   美しくなることはまわりをハッピーにする そんな折、仕事でビューティー系のページを担当することになりました。幼少期からずっとアトピーに悩んでいたこともあって、美しさへの執着心は人より大きく、その原動力もあって前向きに仕事に取り組むことができました。 その時に出てきたのが「女性がきれいだと、日本が元気になる」という言葉です。 きれいだと機嫌が良くなる→周りの人にもハッピーが伝わる→家庭・学校・職場からとそのハッピーが広がって、日本が全部元気になる。と、なんとも単純な話ではありますが、あながち間違っていないと思いました。 きれいでいるだけで、自分の機嫌もとれて、周りも幸せにできるなんて、そんな社会貢献の形もあるのかと気付かされました。   一つの毛穴も許せない、完璧を求めすぎて辛い時代 美しく自分を保つことを意識し、ヘアメイクやネイル、ファッションにこだわり始めました。どんなに足が痛くても、素敵と思うパンプスで通勤して外反母趾がひどくなったりしましたが、そんなことは気にもとめませんでした。それよりも良く見せることを重視していたのです。(靴以外に、当時どんなファッションでしたか?) しかし、仕事でビューティー系のことを知れば知るほど、美しくて完璧な女性と自分との差がどんどん辛くなっていきました。よく見ると自分の見た目は欠点だらけ。鼻の小さな毛穴の一つも憎たらしく思えるくらいに、小さなものにも気を取られるようになりました。とにかく化粧で隠し、盛って盛って、すっぴんから変わるほど安心していました。   ニューヨーク留学の決意 ちょうどその頃、交友関係が広がって会社の外にもつながりができ、考え方も柔軟になってきていました。仕事は充実していましたが、恋愛ではなかなかいい縁に恵まれず閉塞感を覚えていたので、何か環境を変えなければと、まず拠点を変えることを決意しました。 昔から海外への憧れがあったので、アメリカ英語を学べて、大好きな最新のアートにも触れられるところ…数年前に一人で旅したニューヨークは肌の感覚も合っていたし、自由な気持ちになれるかもしれないとニューヨーク行きを決めました。   次回は「ニューヨーク留学編」をお送りします。

ファッションに「自分らしさ」が大切な理由

投稿者 RR

ファッションに「自分らしさ」が大切な理由

▼お申し込みはこちら   最近こんなことはありませんか? 「最近、自分の服がしっくり来ない」 「最近、自分のクローゼットにまったくときめかない」 「コロナ渦で外出しなかったら、出かける時に何を着たらいいのかわからなくなった」 これは「自分らしさ」を見失っているからかもしれません。   「自分らしい服」ってどんな服? 「その服、〇〇さんっぽい」と感じたことありませんか? これは、その服にその人の好みや性格が表れているから。 私たちは、服からのメッセージを無意識に感じ取っています。 自分らしくて、かつ素敵な服を着ていると、「自分は”自分以外の誰か”を演じているのではない」「自分らしくいる」「こんな自分が好き」と感じられて、ますます自分が好きになって、自然体でいながら自信やエネルギーが湧いてきます。   「自分らしい服」を着ることのメリット 自分の「性格、内面の魅力、個性」などを見た目でも表現すると、さまざまなメリットがあります。 ●着た瞬間に「しっくりくる」という安心感が得られる●自信があふれて、ますます自分が好きになる●他人が見ても「なんだか素敵」に見える●自然体に振る舞えるようになる●相手に「ありのままの自分」を受け入れてもらいやすくなる●相手に誤解されないので、へんな扱いをされなくなる●出会いたい人に出会えるようになる●仕事やプライベートで理想を手に入れやすくなる●人間関係がスムーズになる ほか これはほんの一部。特に、自分の心の健康にとってよいことがわかりますよね。「今、なんだか調子が悪い、、、」と思っていることは、服でいくらか解決できるかもしれません。   NYで学んだスタイリストがあなたを助けます 「スタイル診断」では、世界のファッション大学トップ3にも入るニューヨークのFIT(ファッション工科大学)でイメージコンサルティングを学んだプロが「あなたらしい服」を見つけます。 事前に、140以上もの選択肢があるヒアリングシートにご回答いただき、内面と外見の特徴をそれぞれ分析します。 あなたの「好み」「強み」「内面の魅力」「性格」「個性」「考え方」「日々の行動」「感情のパターン」「思い描く理想像」「人生のビジョン」「物事の判断基準」「社会的役割」など、さまざまな要素を読み取ります。 この情報から、「あなたの内面」「ライフスタイル」を明らかにし、お客様それぞれに合わせてパーソナライズされたスタイルを導き出します。自分のことがわからない、、、という方もご安心ください。 お客様のご要望によっては、「ビジネスで成功したい」「自分の性格を変えたい」「新しいパートナーに出会いたい」などの目的に合わせてご提案することも可能です。 ぜひお話をお聞かせください。   ▼お申し込みはこちら

服が変わるだけで人生が変わるって本当?

投稿者 RR

服が変わるだけで人生が変わるって本当?

▼診断のお申し込みはこちら あなたは、イメージコンサルタントという言葉を知っていますか? 聞いたことはあるけど、よくわからないという人がほとんどではないでしょうか。 イメージコンサルタントとは、クライアントの「得たい結果」に合わせて見た目を変え、「パーソナルイメージ」を改善させる人たちのことを言います。 パーソナルカラー診断、顔診断、骨格診断などは、その人の外見的特徴から「似合う色や服」を見つけます。しかし、スタイル診断はその人の内面的特徴から「合うスタイル」を見つけるものです。   服が変わると、人生が変わる 服が変わるだけで、着る人の考え方や言動が変わります。まわりのあなたへの印象や評価も変わります。この言葉の意味は、外見が変わるだけで、内面もまわりの環境も変わっていくということです。 ここでは、イメージコンサルタントがどうやって服で悩みを解決するのか? その一例をご紹介します。一見、服とは関係なさそうな悩みも、服で解決できることがあります。   「最近、何を着たらいいのかわからなくなってきた」 自分の立場や気分、環境が変わったのに、外見がそれについて行けていないからかもしれません。もしくは、今の自分の目標がはっきりしないために、何を着たらいいのか迷っているのかもしれません。 「他人に似合うって言われたけど、しっくり来ない」 「自分が考える自分」と「相手が考える自分」が異なることによるミスマッチ(居心地の悪さ)が原因かもしれません。 「今の自分を変えたいと思ってるのに、なかなか変われない」 「なりたい自分像」に合った服装をすることで解決できるかもしれません。目標に合った服を着ることで、内面に変化が起こり、まわりのあなたへの対応も変わって、新たな一歩を踏み出しやすくなります。 「自分のことがまわりに理解されない。よく誤解される」 あなたの内面が外見で表現できていないことが原因かもしれません。人は「外見」で無意識にその人物を理解しようとします。「あなたの内面」を服で表現することで、本当のあなたの人となりが伝わりやすくなり、コミュニケーションもとりやすくなります。 「仕事でもっと信頼されるようになりたい」 「あなたの職業」や「仕事上の立場」に合っていない服装をしていることで、「この人は本当にやってくれるのだろうか?」と相手に不安を抱かせてしまっているからかもしれません。自分の役割をしっかり服で伝えることで、相手からの信頼感も上がっていきます。 「新しいパートナーに出会いたい」 外見であなたの魅力を引き出せていないか、相手の雰囲気に合わない外見をしていることが原因かもしれません。相手に「あなたと知り合いになりたい」と思ってもらえて、かつ「あなたの個性と魅力を発揮できる服」をご提案します。 「恋人・夫婦関係のマンネリを解消したい」 お互いに忙しくてコミュニケーションが多く取れない時期もあったり、もしくはずっと一緒にいすぎて刺激がない時期もありますよね。カップルの状況に合わせ、話しやすい雰囲気や、いつもと違う雰囲気を演出することで、短い時間でもコミュニケーションがとりやすくなるようなスタイルをご提案します。   アメリカで開発された診断 「スタイル診断」とは、1990年代にアメリカのイメージコンサルタントチームが開発した手法です。服装学、アンケート調査、心理学における人格分析手法、古典文学にある神々の役割など多岐にわたる調査をもとにしています。 診断では、実際にニューヨークで学んだコンサルタントが、診断結果を丁寧に読み解き、「外見の大切さ」や「7つのスタイル」について解説したうえで、「あなたに合ったスタイルの作り方」をご提案します。 ぜひ、お気軽にお問い合わせください。 ▼診断のお申し込みはこちら